• 転職 土, 4月 21, 2012 薬剤師が転職するのは簡単でしょう はコメントを受け付けていません。

    薬剤師も他の職業と同じように転職をすることでしょう。薬剤師の働く場は主に病院の調剤部門や薬局薬店での仕事などとなります。どちらも薬剤師の資格保有者を必要としている部門であるので、給与などの待遇は非常に優遇されています。薬剤師が転職をするのは職場が住居に近いなど自己都合による転職となることでしょう。なぜなら薬剤師は国家資格としての試験が必要でありなるのに6年間の薬学部での経験など非常にきびしい制約があるからです。

    薬剤師の仕事は他の営業などの仕事とことなり、競争や会社倒産などの危険性がすくない恵まれた職種です。薬局などが閉店することはままありますが、すぐに職もみつかるでしょう。仕事ないようもお客さんの相談に答えたりと、きつい肉体労働などはほとんどなく、主に知識を生かした仕事がほとんどです。もちろん最低限の仕事ができなければ話は別ですが、待遇や職務に関する不満は他の職業から比べれば非常に少なくなっています。薬剤師が転職をしても職務内容はそれほどかわらないでしょう。

    ただ薬剤師が転職する理由として調薬の仕事が決まりきっていて進歩がなく仕事を始めたときの給料が頭打ちとなりよりよい職場をもとめ製薬会社などに転職をしていくそうです。ただ製薬会社は一般の企業ですので、厳しい競争の世界です。いくら薬剤師の資格をもっていたとしてもそこはもっと優秀な人材がいれば職にあぶれてしまいます。ただ製薬会社から薬局などの仕事に薬剤師が転職をすることは割と容易なようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - 薬剤師が転職するのは簡単でしょう
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Bookmark this on Livedoor Clip
    Share on FriendFeed
    [`grow` not found]

  • 転職 水, 4月 18, 2012 薬剤師の姉の転職について はコメントを受け付けていません。

    私の姉は薬科大学を卒業後、10年間ほど付属病院で勤務していましたが、諸事情で退職を余儀なくされ、転職先を探すこととなりました。薬剤師の転職は、傍目には簡単だろうと思われがちですが、やはりこの不況下では、なかなか有資格者といっても難しいものがあったようです。特にこれまでの収入を確保しようと考えるとなかなか高いレベルの就職先を探さなければならないので、そう簡単には再就職先が見つかることはありませんでした。

    その過程で、地元の地方公務員試験を受けて落ち、近くの製薬会社の研究所を受けて落ちしてしまいました。薬剤師の転職とは、その資格を行かした職場に勤めることがその目的ですので、逆にそれが足かせとなって、就職先が限定され、そのうえ、自らの理想と現実とのギャップも大きいことから、なかなか再就職につながらないのだと、製薬会社の面接の時に担当者から聞かされたとのことです。姉も実際そのような感じを抱いていたようです。

    そして、最後に姉が目指したのは、実家から歩いて10分圏内にあるチェーン展開をしているドラックストアでした。改めて地図を見直すと、自宅のまわり1キロ圏内に、ドラックストアが2件もあったのです。ちなみに、これらの店では、医薬品販売のために、薬剤師が常駐することが決められているので、薬剤師の転職職先としては最適な職場でした。両方の店の面接を受けて、ともに合格した姉は、家から歩いて8分の結構給料も高いその店で、元気に働いています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - 薬剤師の姉の転職について
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Bookmark this on Livedoor Clip
    Share on FriendFeed
    [`grow` not found]

  • 転職 水, 4月 18, 2012 薬剤師は転職に有利な職業か はコメントを受け付けていません。

    私の姉は東京都内にある某私立大学の薬学部を卒業し、付属病院で10年間働いていました。しかし、院内の人間関係が複雑で、しかも病院内の派閥争いの影響を受けて、病院を辞めなければならない羽目になってしまいました。その結果、新しい仕事先を探すことになったのです。薬剤師の転職とは、薬剤師という資格を有する者を置かなければならない病院や薬局などの施設や、国や県、市町村などの公共団体、そして研究機関などが考えられます。

    その中で、最初に姉が目指したのは、地元の県の職員でした。その理由は、男女問わず試験の結果で合否が決まるという平等性と、制限年齢がギリギリ間に合ったと言うことからでした。また、公務員ならどんなに不況に陥ったとしても食いっぱぐれはないと考えたからでした。しかし、現実には、大学卒業後相当の期間が過ぎた中で、試験勉強をはじめなければならなかったので、相当困難な道のりでした。結果として1次試験で落ちてしまいました。

    次に目指したのは、隣町の漢方薬メーカーの研究施設でした。ここは、広大な敷地の中に立派な施設が整った研究所で、薬剤師の転職先としては理想的な職場だと思われました。しかし、そんな理想的な企業に中途採用で簡単に入れるわけはありません。大学の先輩や親類縁者のつてを頼ってなんとか面接試験までこぎ着けることができましたが、その会場には、「若干名」の募集にもかかわらず、100名を超える入社希望者が殺到していたのです。薬剤師でもやっぱり転職は難しい時代なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - 薬剤師は転職に有利な職業か
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Bookmark this on Livedoor Clip
    Share on FriendFeed
    [`grow` not found]

  • 転職 火, 4月 17, 2012 薬剤師の転職の現状と今後 はコメントを受け付けていません。

    現在は薬剤師を資格を得るためには大学で6年間学ばなければならなくなりました。6年制の新しい薬剤師が来春誕生しますが、今はちょうど4年制から6年制への移行期のために新卒薬剤師がほとんど出てこない空白の2年間にあたっています。そのため多くの病院や調剤薬局では欠員が出た場合や事業拡大のための薬剤師の新規雇い入れが難しい状況にあるので転職の際の条件が比較的ゆるめになっており転職しやすい状態にあるといえます。

    しかしながら、来春から世の中に出てくる6年制の薬剤師達は既存の薬剤師より学生のころから臨床現場での実習をより多く積んできており、また、患者様と接するにあたり人とのコミュニケーションのトレーニングの授業で取り入れられるようになるなどカリキュラム自体が以前とは大きく異なっているため、薬についてのみの授業がほとんどであった4年制の薬剤師とはスタート時点での能力の差がかなりあるのではないかと考えられます。

    6年制になることで薬剤師の質の向上が図られたわけですが、このことによって今までの「資格さえあれば雇ってもらえる」「資格があるので食いっぱぐれない」という安易な考えを持つ薬剤師や、自らのスキルアップを怠る薬剤師の転職はかなり難しくなるのではないかと予想されます。実際まだ6年制の薬剤師の実力は未知数ですが、4年制の薬剤師は資格に驕ることなく日々意欲的に勉強を続けることをしなければいずれは淘汰されてしまうのではないかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - 薬剤師の転職の現状と今後
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Bookmark this on Livedoor Clip
    Share on FriendFeed
    [`grow` not found]

  • 転職 月, 4月 16, 2012 薬剤師の転職増加 はコメントを受け付けていません。

    薬剤師の職場は大きく分けると、院内処方をしない病院の処方箋を扱う調剤薬局、主に市販薬などを扱うドラッグストア、入院患者への薬の処方をする病院、薬の研究や製造販売をする製薬メーカーの4つです。調剤薬局、ドラッグストア、病院での勤務は薬剤師免許が必要で、薬の説明や処方が主な仕事になります。だたし、ドラッグストアの場合は、スーパーの一角にあったりする場合が多く、医薬品以外の日用品の販売も仕事入ってきます。製薬メーカーでは、さまざまな仕事があるため薬剤師の免許が必要な仕事は一部分で、薬剤師でなければ働けないという職場ではありません。

    現在、薬剤師として働く人の約8割が転職経験者といいます。また、5割の人が2度以上の転職を経験しており、薬剤師の職場は非常に転職率の高いところといえます。なぜ、そんなに転職が多いのでしょうか。ひとつには、薬剤師の待遇面があります。薬剤師の約半数の勤務先となっている調剤薬局では、一般よりも給料は高めですが昇給がされにくいという面があります。調剤薬局では扱う処方箋の数がどうしても限られてくるため、給料に反映されにくいのです。そのため、新卒者には高いと思われる給料も、あがらないまま30代、40代まで勤務というのは厳しいのです。しかし、メーカーはこの逆で、一般的な会社のように昇給し、その率も高いため他に勤務する薬剤師と大きな差ができてしまうのです。

    そのような待遇面に加え、薬剤師の職場というのはどうしても少人数となってしまうため職場内でのトラブルが起きてしまうと、仕事を続け辛くなるのも転職の要因です。また、2006年から薬学部に6年制が導入されたことにより、薬学部が新設され定員が大幅に増加しました。このことにより、将来的に薬剤師の増加が予想されることと4年制と6年制との移行期間で一時的に新卒薬剤師の数が減るため、現状では薬剤師の募集は増えており、早いうちに少しでもいい条件の職場に移ろうと転職者が増えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    はてなブックマーク - 薬剤師の転職増加
    Share on Facebook
    Post to Google Buzz
    Bookmark this on Yahoo Bookmark
    Bookmark this on Livedoor Clip
    Share on FriendFeed
    [`grow` not found]