ある薬剤師の転職のお話。

久しぶりに友人から連絡がきました。転職したよ、っていうことで、ちょっと元気になっていました。彼女は薬剤師なのですが、資格を生かして転職したようです。私は今までよく知らなかったのですが、薬剤師の転職としては、よくあるケースのようです。彼女は大きな病院の薬局にいたのですが、そこを退職して、別の病院近くの、小さな調剤薬局の薬剤師さんとして、再就職したのです。大きな総合病院の近くって、絶対にありますよね、調剤薬局が。

彼女が病院を辞めることになった直接の理由は、人間関係なんだそうで。なんだかしんどそうだったんですよね、ずっと。やっぱり人数が多いところだと、いろんな人がいますし。大病院だと、いろんな部署が絡んできますモンね。その分、今の調剤薬局は、人も少なくて、気楽だって言っていました。わずらわしいことに悩まされず、お薬と、患者さんのことに専念できるんだ、って。彼女という薬剤師の転職先として、いい所を見つけたんだな、と思いました。

資格として、薬剤師は転職にもやっぱり有利なんですね。資格別に転職先を探せるサイトやサービスなんかもあるらしいんですが、けっこう求人は多いらしいです。なんでもっと早く転職しなかったんだろう、って言ってました。前の勤務先である病院に入る時にお世話になった人のことを考えると、やめづらかったそうなんですが、それはそれ、これはこれ、ですよね。彼女の人生なんだから、やっぱり、自分らしく働けるところが、一番いいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ある薬剤師の転職のお話。
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]