薬剤師の転職は難しくなりました

薬剤師なんて、なんて素敵な職業でしょう。白衣を着て、患者さんの薬を調合します。大きな病院では、常勤している薬剤師が何人かいます。夜の当直もありますので、大きな病院で働いている薬剤師は、大変だと思います。しかし、看護婦と違い、夜間はあまり薬の調合がありません。当直しているときでも、案外仮眠が取れるのです。それでいて、当直手当が支給されるので、とても薬剤師の当直は、おいしいのも事実です。まあ、起されてしまう日もありますが。

薬剤師は、小さな病院では、薬剤師がいない病院も多いでしょう。医者が薬剤師の役目をはたしてしまうので、薬剤師を雇う必要がないからです。なかには、看護婦さんが薬を患者さんに渡すケースも多く見られます。ですので、医者と違って必要な薬剤師の資格をもっている人の数は少ないのです。ですので、薬剤師が転職をしたくても、薬剤師の転職先が見つからないこともあります。ですので、薬剤師の転職は医者よりも難しいと思われます。

薬剤師は、医者と同じくらい頭の良さが必要になります。しかし、給料面では、雲泥の差があります。しかも、数年前から病院の投薬が院外処方に病院が変わるようになってきました。これを受けて、薬剤師の病院への転職はもっと難しくなってしまいました。しかし、院外処方を受けて、ドラッグストアが薬剤師を雇用するようになりました。薬剤師の転職先にドラッグストアが増えましたが、せっかく薬剤師になったのです。なんとなくドラッグストアで働くのがわびしいような気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 薬剤師の転職は難しくなりました
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]