薬剤師が転職するのは簡単でしょう

薬剤師も他の職業と同じように転職をすることでしょう。薬剤師の働く場は主に病院の調剤部門や薬局薬店での仕事などとなります。どちらも薬剤師の資格保有者を必要としている部門であるので、給与などの待遇は非常に優遇されています。薬剤師が転職をするのは職場が住居に近いなど自己都合による転職となることでしょう。なぜなら薬剤師は国家資格としての試験が必要でありなるのに6年間の薬学部での経験など非常にきびしい制約があるからです。

薬剤師の仕事は他の営業などの仕事とことなり、競争や会社倒産などの危険性がすくない恵まれた職種です。薬局などが閉店することはままありますが、すぐに職もみつかるでしょう。仕事ないようもお客さんの相談に答えたりと、きつい肉体労働などはほとんどなく、主に知識を生かした仕事がほとんどです。もちろん最低限の仕事ができなければ話は別ですが、待遇や職務に関する不満は他の職業から比べれば非常に少なくなっています。薬剤師が転職をしても職務内容はそれほどかわらないでしょう。

ただ薬剤師が転職する理由として調薬の仕事が決まりきっていて進歩がなく仕事を始めたときの給料が頭打ちとなりよりよい職場をもとめ製薬会社などに転職をしていくそうです。ただ製薬会社は一般の企業ですので、厳しい競争の世界です。いくら薬剤師の資格をもっていたとしてもそこはもっと優秀な人材がいれば職にあぶれてしまいます。ただ製薬会社から薬局などの仕事に薬剤師が転職をすることは割と容易なようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 薬剤師が転職するのは簡単でしょう
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]