薬剤師の転職の現状と今後

現在は薬剤師を資格を得るためには大学で6年間学ばなければならなくなりました。6年制の新しい薬剤師が来春誕生しますが、今はちょうど4年制から6年制への移行期のために新卒薬剤師がほとんど出てこない空白の2年間にあたっています。そのため多くの病院や調剤薬局では欠員が出た場合や事業拡大のための薬剤師の新規雇い入れが難しい状況にあるので転職の際の条件が比較的ゆるめになっており転職しやすい状態にあるといえます。

しかしながら、来春から世の中に出てくる6年制の薬剤師達は既存の薬剤師より学生のころから臨床現場での実習をより多く積んできており、また、患者様と接するにあたり人とのコミュニケーションのトレーニングの授業で取り入れられるようになるなどカリキュラム自体が以前とは大きく異なっているため、薬についてのみの授業がほとんどであった4年制の薬剤師とはスタート時点での能力の差がかなりあるのではないかと考えられます。

6年制になることで薬剤師の質の向上が図られたわけですが、このことによって今までの「資格さえあれば雇ってもらえる」「資格があるので食いっぱぐれない」という安易な考えを持つ薬剤師や、自らのスキルアップを怠る薬剤師の転職はかなり難しくなるのではないかと予想されます。実際まだ6年制の薬剤師の実力は未知数ですが、4年制の薬剤師は資格に驕ることなく日々意欲的に勉強を続けることをしなければいずれは淘汰されてしまうのではないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 薬剤師の転職の現状と今後
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]